昇華転写印刷のメリット

ここでは、昇華転写印刷のメリットを書いていきます。早速ですが、まず、「製版の必要がない」ことが挙げられます。例えば、シルクスクリーンプリントなどでは、最初に製版する必要があるので、印刷とは別に別途製版代などがかかってしまいます。そのため、少量のプリントであれば昇華転写のほうが安上がりとなります。次に「フルカラーであっても、写真であっても値段が変わることがない」のも魅力のひとつでしょう。シルクスクリーンですと、1色ごとに版を作ることになるので、色が増えればその分費用もかかります。さらに、写真など複雑なカラーリングには対応することができません。その点、昇華転写であれば対応可能ですし、値段も1色だろうがフルカラーだろうが写真だろうが、変わることがありません。もちろん、ポリエステル系などの化繊素材にしか対応できないなどのデメリットもありますが、使う場面によってはかなり活躍してくれる印刷方法と言えます。

3D印刷のメリットについて

テレビコマーシャルなどでも最近話題となっている3D印刷ですが、そのメリットについていくつか取り上げ書いて参ります。早速ではございますが、まず、「外注試作の回数を削減することができる」点は魅力です。新しい商品を企画制作する際のサンプル代は、意外とバカにならないものです。3Dプリントを利用すれば、事前にある程度検証することができるため、試作回数を減らし、コストを抑えることができるようになります。次に、「切削加工が難しい形でも造形することができる」のも魅力です。例えば、切削では不可能であった、中空の形状であっても、かなり複雑な形状であっても、造形することができてしまいます。まだまだ3Dプリントの技術は実用化されたばかりであり、素材が限定されていたり、強度に課題があったりと、問題はありますが、上手な使い方をすれば必ずあなたのチカラになってくれるはずです。

印刷の進化と画期的なプリンター

昔はプリンターなどの機械がなかったため版画という方法を使って一つ一つ印刷していました。それが今では人の手を使わずに自動であっという間に印刷してしまいます。本当に凄い発展ですね。プリンターはいろんなところで活用されていて会社では必要な資料をコピーしたり正月には年賀状を作ったりと使い方は様々です。プリンターだけだとコピー機にしかなりません。しかしパソコンを使うことで画像の編集や遠隔操作したりできます。例えば年賀状の場合、送りたい相手の住所と郵便番号を入力したり年賀状を楽しいものにするために文字や画像を編集できます。この様にプリンターは短時間で尚且つ簡単に自分が作りたいものが作れます。他にもパーツを印刷して立体紙工作を作ることもできます。もともとただの紙だった物が立体的になるのは想像しただけでもわくわくしてきます。最近では3Dプリンターというものもでてきてこれからが楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です