年賀状を印刷する手段

年賀状は、現在は手書きよりも印刷が主流になっています。印刷自体が身近になった昨今、時間と労力の節約の為にも、それは必然的な傾向と言えます。そして、年賀状の印刷には、様々な手段があります。一般的に普及している手段が、パソコンとプリンターを使用して自分で行う方法と、文房具店やコンビニ店などに依頼する方法です。又、ハガキ作成に特化したワープロも市場に出回っているので、パソコンを所有していないものの自分で作成したい場合は、そうした物を利用する方法もあります。又、インターネットが普及している近年は、ネット上で年賀状の作成をオーダーする事も可能になっています。どの方法が良いかは一概には言えませんが、ある程度時間が取れるなら、パソコンなどにより自分で行う方が、割安に済みます。もし、時間や手間を掛ける事を極力避けたい場合は、外注がベストの選択になります。

いろいろなタイプが実在する特殊印刷

印刷の技術にはいろいろな手法が実在していますが、平版で使われるのがメインのオフセットの形式、活版の形式、写真の掲載または紙幣を作成する際に使われるグラビアの形式を除いた手法を特殊印刷と言います。例に出して言えば、絹またはナイロンを使って刷るスクリーンの形式、水性のインクもしくはUVインクを使用したフレキソの形式、専用の紙などを使って印字する転写の形式などが列挙されています。要するに手法は言うまでもなく材質、インクの成分などによって技術が異なってきますし、性質も変わってきます。フレキソの形式の一つであるUVインクを使った形式は紫外線を使えば一瞬で乾燥させられ、クリアファイルを作成する際に使われる手法です。また一瞬で乾くので大量に作成する際にかなり役立つ手法だとされています。特殊印刷はバリエーションに富んでいる手法でもあるのです。

印刷物のメリットについて

昨今はインターネットがかなり普及してきたこともあり、広告の手法もかなり多様化してきました。なかでも、ホームページを利用したインタラクティブなマーケティングは急速に伸びてきています。しかし、ここでは、あえて、紙媒体・印刷物による広告宣伝のメリットに焦点をあてて書いていきます。早速ではありますが、まず、持ち運びが容易で、ペンなどで直接書き込みをすることができるのは大きなメリットです。次に、インターネットやパソコンを必要としないことも魅力です。その他にも、老若男女を問わず様々なツールとして活用できることも良い点として挙げられます。最後に、「馴染み深い」ことも魅力でしょう。一般的に普及していますし、年代や性別を問うこともありません。インターネットを使った新しい広告と昔ながらの印刷物を使った広告、それぞれのメリットを理解して使い分けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *

*